渡辺 雅江 詩集2

わたしのおにいちゃんのおよめさん
                                   渡辺 雅江
おにいちゃんのおよめさんと おにいちゃんと わたし
こうよう みにいきました
きれいだった
おにいちゃんのおよめさんがいいました
まさえよ
ここのこうよう きれいだなあ
わたしゆった
きれいだな いいました
おにいちゃんが こうようのところで しゃしんをとってくれました
                                           (1993.11.6)


なんで ぶんかのひ あるの
                     渡辺 雅江
えらいひとがきめたかな
だからぶんかのひ あるんだ
そして ぶんかさい あるんだ
わたしはよくわかんないけど
えらいひとはきっと
ぶんかのひ きめたとおもう
                    (1993.11.6)


わたしの がっこうのせんせい
                                    渡辺 雅江
わたしは
やまなかせんせいのおくさん すきだった
がっこういってたころ やまなかせんせいのおくさんが
いろいろ
わたしにおしえてくれました
わたしは あのころ
やまなかせんせいのおくさんが
おしえてくれた いろいろやってくれた
おもいだしています



無題

                  渡辺雅江
なんで にんげんって 
おとことおんな
こいして 
けっこんするの
なんでかな
わたしにもわからない 
なんでかな
なんで けっこんするの
わたし おにいちゃんにききました
あのー まさえよ
にんげんって ひとりじゃいきていけないの
ふたりでいっしょになって
ふたりでいっしょにあるくのよ
だからまさえよ ふたりになっていきてるの
わたしゆった
おにいちゃんわかったよ おかあちゃんもおなじ?
おにいちゃんゆった
まさえ 
おかあちゃんもおにいちゃんとおなじよ
                            (1993.11.11)



なんで おしょうがつ あるの
                       渡辺 雅江
なんで 
おしょうがつとくりすますと
いっしょにやってくるの
わたしはわからない
むかしえらいひとがきめたかな
わたしはわからない
くりすますがおわって
こんどはおしょうがつ
いちねんかんのおわりとはじめやってくる
いちねんのはじめやってきます
わたしはそうおもいます
                       (1993.11.12)


びょういんのいもうと
                                   渡辺 雅江
なまえは 5ごうしつにいる すずきともみちゃんです
いもうとは
せんせいとべんきょうしています
わたしは 5ごうしつをみています
せんせいとともみちゃんが
べんきょうをやってるなあ と
わたしはいつもみてます
よくやっているなあ えらいなあ と 
おもいます
ともみちゃんがなくと
せんせいがすぐだっこしてあやします
わたしは せんせいのことを 
えらいとおもいます
ともみちゃん 
いつまでもせんせいといっしょに
びょうきにきをつけて
べんきょうやってください
                       (1993.12. )


わたしのはつこい
                                 渡辺 雅江
わたしはここにまえいた いしゃのせんせい
すきになっちゃった
わたしはじめてこいをしちゃった 17のとき
せんせいがくると 
おいかけていきました
せんせいが とつぜんわたしのかおみていいました
おはよう きみ なんていうなまえ?ききました
わたしゆった
わたしのなまえはわたなべまさえです
せんせいもいいました
なんでおれのあとを おいかけてくるの?
わたしゆった
せんせいのことすきです
せんせいがあかいかおで
えー おれのことすきなの? こまるな おれはずかしいよ
いいました
ふたりでおはなしした
だれかみてた 
Mくんだった
Mくんがみてた
Mくんがおこって 
わたしのこと あしでぶった
Mくんがゆった
まさえよー おれまさえのこときらいよ
なんで?
だって さっき あのせんせいとおはなしした
わたしがゆった 
Mくんやきもちやいてるの?
Mくんもうおこるなよ 
わたしはMくんのこといちばんすきなんだ
おこるなよ
だってまさえは 
あのせんせいのことすきなの
Mくんがいいました
ちがうよ わたしいいました
Mくんよ わたしはちっちゃいころからMくんがすきよ
ほんとよMくん
うそだ うそだ
ほんとよMくん
Mくんが 
ほんとうかいまさえ? 
ほんとうだよ 
Mくんが よかったいいました
わたしのとこへ せんせいまたきた
わたしゆった
あのー せんせい 
もうわたしのとこへこないで
せんせいがいいました 
なんでーまさえちゃん?
あのー Mくんがすぐやきもちやくから あまりこないで
せんせいゆった 
わかったよ あんまりこないよ
わたしがかぜひいたとき
Mくんがきた
Mくんがゆった
まさえ あのせんせいこないの?
こないよ だってMくんがすぐやきもちやくから 
もうこないよ わたしゆった 
こないでくれといいました Mくんこれでいい?
いいよ 
ぼくはよかった Mくんがいいました
なんでMくんすぐやきもちやくの?
だってぼく まさえのことすきだもの
Mくんはわたしのこと ほんとにすきなの?
ぼくはすきよ
Mくんが 
おいまさえはやくかぜなおせよ 
ぼくこまっちゃう はやくなおしてよ 
ぼくむこうへいくから またいっしょにあそぼうよ
そして いきました
またわたしのとこへ せんせいがきました
せんせいがゆった
まさえちゃん もうどこかいたくない?
まさえゆった もうなおったよせんせい 
せんせいのおかげでなおりました
わたしゆった ありがとうせんせい
みみをかして せんせいがゆった
おれ まさえのことすきになっちゃったよ
わたし えー おどろいた 
はずかしくてふとんかおにかけちゃった
そして 
せんせいうそだー わたしのことほんとにすきなの?
せんせいがわたしのふとんをとりました 
やめてよーはずかしいよ
わたしはあせかいちゃった
せんせいあのー 
わたしはもうきまったひといるの
それだれだ せんせいがきいた
わたしいいました 
たむらみちひとなの
えー せんせいがびっくりしておどろいた
せんせいが 
こまったなー
わたしにきいた 
たむらくんってここにいるか?
いるよー わたしゆった
せんせいゆった 
さっきのこ?
そうなの わたしいいました
へー まさえちゃんをすきなこって まーぼーとちがうの
そうよ わたしいいました
せんせいが おれーほんとはまさえのことすきになっちゃったの
わたしこまったな Mくんにおこられちゃう

なつのころ 
わたしまたかぜひいちゃった
まーぼーといっしょにねてた
そしてまたせんせいきた
せんせいがまたいいました
まさえはいつもまーぼーといるのかい? いっしょにかぜひいてる
せんせいがゆった
まさえ ほんとはMくんよりもまーぼーすきなの? 
せんせいがいいました
ちがうよー せんせいやだー なんでまーぼーすきゆうの?
せんせいいいました 
まさえはいつでもまーぼーといっしょにかぜひいてる
ちがうよせんせい もうやだー 
せんせいが
まさえちゃんどっちがすきなの?
わたしゆった Mくん
せんせいが うそーって おおきなこえでいいました
わたしがいいました 
せんせいよくきいて 
まーぼーはわたしのおとおとなの
せんせいが えーっていいました

わたしやっとかぜなおりました
あるひせんせいがここにきて
まさえちゃん きょうはまさえちゃんのたんじょうび
よくしっている せんせい
だっておれ まさえちゃんのカルテみた
わたしははずかしいなといいました
せんせいがプレゼントくれた
なんでよーと わたしゆった
このわたしにプレゼントくれるの? なんでー?
せんせいゆった 
おれまえもゆったけど  まさえのことすきだからかってきてあげたの
せんせいありがとう 
いつまでもたいせつにするわ
せんせいまたきた
あのーまさえちゃん おれ 7がついっぱいで とうきょうにかえるの
わたしびっくりした 
むこうにいっちゃった 
ないてた
Mくんまたきた
まさえ どうしてないてるの? どこかいたいの? いいました
わたしゆった
せんせいがいっちゃうんだって
Mくんが 
よかったよかった いいました
ほんとによかったよ 
Mくんがいいました
なんでよーMくん
ぼく あのせんせいきらいなの
なんでMくん なんでよー なんできらいなの?
ぼく あのせんせいに まさえがとられたとおもった
わたしゆった
Mくん ばか まったくMくんは
あのせんせいは いしゃよ いしゃ
Mくんは 
わかったいいました
7がつ 
わたしはあるひせんせいに
せんせいこっちきて
なに? せんせいがいいました
わたしゆった
せんせい めをつぶって てをだして 
はいプレゼント と 
あげました
せんせいないてた
ありがとう 
せんせいゆった  これたいせつにします
わたしとおもってたいせつにしてください
せんせいが いきました
                               (1993.12.18)

いちょうのはっぱ
                渡辺 雅江

ふゆになると
かれておちる
なんでかな
わたしはわかんない
かぜがふくと いちょうのはっぱはとんで
きれいな はなみちになる
わたしは まどからみてる
(1993.12.18)


どうぶつ
               渡辺 雅江

どうぶつとにんげん
どっちがさきにうまれた
わたしはわからないけど
どうぶつはにんげんよりさきにうまれた わたしおもう
むかし わたしのおばあちゃんに ほんをよんでもらった
ほんをよんでいると へんななまえゆった
やばっき
わたしゆった
やばっきってなに?
おばあちゃんがいいました
あのーまさえよ
かいじゅうのなまえよ
おばあちゃん わたしわかんないよ
おばあちゃんって なんでもしってるね
そうよ おばあちゃんはむかしのひとだからしってるの
わたしいいました
おかあちゃんもしってるの?
おばあちゃんにきいた
まさえよ まさえのおかあちゃんはあまりしらないよ
まさえのおかあちゃん だって むかしのひととちがうもの
ああそーか わたしいいました
おばあちゃんがむかしのひと?
そうよまさえよ
わたしゆった おばあちゃん めいじ?
ちがうよ たいしょういちねん
ああそうか たいしょういちねんか
おばあちゃんよ おかあちゃんはしょうわなんねん?
はちねん
おばあちゃんが まさえ しらないの?
わたしはよくしらないの
まさえもきっとわかるひくるよ
わたしいいました
いっぱいべんきょうして おばあちゃんみたいになる
おばあちゃんがいいました
きっとまさえ おばあちゃんみたいになるよ
わたしゆった 
おばあちゃんよ 
きっとなってみせるよ
(1993.12.22)


やきゅう

ぷれいぼーる
なんでぷれいぼーる ゆうのかな
まえに
Mくんがいきてたころ
Mくんがおしえてくれた
やきゅうのぷれいぼーる
おしえてくれました
まさえよ
あのー
まえからぷれいぼーるゆうんだって
ぼくも
よくわかんないけど
まえから
ぷれいぼーるゆうんだって
ぼくはやきゅうのこと
すこししってるよ
わたしがいいました
Mくんはもうまえから
やきゅうのことを
よくしってるね
わたしがわかんないことを
おしえてくれるね

          (1995.2.22)


  わたしのせんせい

せんせい
ありがとう
わたしがこまったとき
おはなししてくれた
ほれ まさえ
なにをこまっているのか
おれにゆってごらん
せんせい
かせっとのあんてな
とれちゃった
じゃ おれが
なおしてやるよ
わたしがゆった
どーやってなおすの
がっこうから
ぼんど
あとは
はりがね
もってきてくれた
うまくやってくれた
どうやってやるのかな
みてました
ほれ
まさえ
なおったよ
ありがとうございました
しょうがないな
と せんせいがゆった
おいまさえ
もう
こわすんじゃないよ
せんせい
もうこわさないよ
せんせいがあさきて
おいまさえ
かせっとへいきかい
もうへいきです
ゆうべきいた

せんせいがゆった
まさえおれいなくなっちゃうかもしれない
えー ほんとー
またせんせいがゆった
まだわかんないけど
いなくなっちゃうかもしれない
わたしゆった
かなしいよ
おれだって
かなしいよ
ここに十ねんいたから
おれだってかなしいよ
おれ でんわばんごうかくから
まさえ
でんわしてくれよ うちに
わたしゆった
わかったよせんせい
きっとしてよ
わたしゆった
まいにちかける
いいよ
まいにちかけなくってもいいよ
おれいないかもしれない
かあちゃんがでるかもしれないよ
わたしゆった
せんせい よるはいる?
いるよ
じゃ かけよ
やまなかせんせいがゆった
こどもでるかもしれない
わたしゆった
じゃやめておこう
せんせいが
またね とゆった
わたしゆった
ちょっとまって
かせっとやるから
ユーミンのとってやったよ
ありがと
いいました

(山中卓治先生との別れに際して 1995.3.29)


わたしのねこ

わたしのねこは
ふたごのねこ めすとおす
わたしがいえにかえると
わたしのへやに ふたごはいってくる
なく
わたしがいう
ただいま
ねこがにゃー
おかえりゆってる
わたしのところにきて
おなかのうえのる
わたしいう
あまえんぼう
なく
わたしいう
たろう はなこ
おまえたち
あまえんぼうだなあ
わたしは
かわいくって
よくごはんあげちゃう
それで
わたしは
ふとんにはいると
ねこが
ふとんのなかに
はいってくる
あるひ
ねこがびょうきなっちゃった
わたしはおかあちゃんにいいます
たろうが
あそこにいるよ
ないているよ
おかあちゃん
たろう
おなかおっきいよ
よくおしっこでないみたいよ
たろう
びょういんいったほうがいいよ
おかあちゃんいいました
そうだねまさえ
おかあちゃんはやく
つれてって
そしてわたしゆった
おとうと
たろう
びょういんへつれてって
はいわかったよねえちゃん
おとうとが
たろうのかごは
どこにあるの ねえちゃん
わたしゆった
しらないよ
おにいちゃんのところは?
おとうとがおかあちゃんに
いいました
あのー おかあちゃん
おにいちゃんが
ねこのかご
すてちゃったって
おかあちゃんが
もうやだなーおにいちゃんは
そこでおとうとがかんがえた
はこでたろうのこと
びょういんつれていこう
それで
おとうとがゆった
ねえちゃんよ
たろうどこいった
いないよどこにも
おとうとがおかあちゃんにゆった
たろうがいないよ
うそー
いままでここにいたよ
おかあさん
たろうどこいったの
おかあちゃんがいいました
ねえちゃんにきいてごらん
わたしゆった
あのーたろうは
びょういんいくのやだから
にげてった
たろうはあたまいいから
こっちがゆうのわかる
おかあちゃんが
こまったなー
あのたろうはどこいっちゃった
いつもいるのに
まあいいよ
あとでびょういん
つれていこう
そして
おとうとが
ちょっといってくる でていって
たろうかえってきた
おかあちゃんゆった
たろうどこいってたの ゆった
わたし たろうとおはなしする
たろうゆった
おれ
びょういんいくのやだなあ
いいました
おかあちゃんが
たろうはこまったよ
わたしが
びょういんかえるとき
たろうはないた
どこいくの ゆってた
たろう
またくるからね
やだよー ゆった
しょうがないなー
またくるから
またないた
やだよー
ねえちゃん
いっちゃやだよー
いいました
わたしゆった
たろう
びょういんいきなさい
ねえちゃんがまたくるから
はやくびょうきなおって
またねえちゃんと
いっしょにあそぼうね
1995.5.12


とけい

とけいって
いつごろからあるのかな
むかしから
あるかな
わたしは
ちっちゃいころ
おとうさんに
きいてみた
あのー まさえ
とけいって
おとうさんもよく
しらないが
おとうさんのおかあちゃんに
きいてみた
むかしは
たいようで
じかんをしる
おとうさんにききました
わたしがおとうさんに
ゆった
むかしのひとって
えらいことかんがえる
おとうさんがゆった
そうだねまさえ
またおとうさんがゆった
むかしのひとは
みずどけい
はつめいしたんだって
えー
まさえ あとは
すなどけい
あとは
はなどけい
えー
むかしのひとって
えらいことかんがえるんじゃない
そうだよまさえ
          1995.6.3


わたしのMくん
           渡辺 雅江
Mくんはいつも
やきゅうのほん
かってみてた
わたしが
あるひ
Mくんなにみてるの
ぼくは
やきゅうのほん
みてるの
わたしは
しのほん
よんでるの
ぼくもみたい
いいよMくん
かしてやるよ
かしました
いっしょによみました
Mくんがゆった
ぼくもしをかこう
といいました
わたしゆった
いいよ
かいてもいいよ
あるひ
さくらいせんせいがきて
まさえよ
みっちゃんとかこうよ
といいました
そして
さくらいせんせいは
Mくんのしをかいてくれた
わたしゆった
あれー
これ
わたしのことじゃない
わたしがいいました
あれ
Mちゃんってわたしのこと?
わたしはゆった
Mくん
はずかしいから
かくなよ
Mくんがゆった
いいんじゃないの
これ
うたにするの?Mくん
ききました
そうよ
やだよーわたしはずかしいよー
さくらいせんせいが
いいんじゃないの
うたになれば
わたしゆった
まあいいか
そして
あるひ
わたぼうしのひときて
たむらくんって
どこにいるの
あのこです
わたぼうしのひとは
このこがMくん?
かんごふさんにききました
はいそうです
Mくんはおはなしするの?
そうです
かんごふさんがいいました
わたぼうしのひとは
かんごふさんにききました
あのーたむらくんはわかるの?
かんごふさんにききました
はいそうです
わたぼうしのひとは
かんごふさんに
たむらくんのしを
うたにしたいけど
だれがかいたの?
かんごふさんにききました
さくらいせんせいです
わたぼうしのひとは
またきいた
いまいる? いいました
きょうはにちようびでやすみ
あしたでてきます
わたぼうしのひとは
あしたきますいいました
つぎのひまたきた
こんにちは
Mくんも
こんにちは
Mくんは
おおきなこえでよんだ
さくらいせんせいってよびました
さくらいせんせいが
なんだいみちひと
わたしにようじある?
あるよー
さくらいせんせい
わたぼうしのひといるよ
どこにいるの
あそこにいる
へやのまえ
さくらいせんせいは
わたぼうしのひとにあった
こんにちは
わたしはさくらいです
わたぼうしのひとが
たむらくんのしを
うたにしたいです
せんせいは
いいです
あるひ
わたぼうしのひとがききました
あのー
さくらいせんせい
わたぼうしのひとは
さくらいせんせいに
ききました
Mちゃんってこは
どこにいるの
さくらいせんせいが
あそこのへやにいます
わたしがあんないします
Mくんが
おれもいく
といいました
そして
わたしのところへきて
さくらいせんせいがいいました
このこ わたなべまさえです
いいました
わたぼうしのひとは
ああそうですかこのこですか
Mくんが ああそうですいいました
わたしは
Mくんはずかしいよ
なまえをきくなんて
はずかしいよ
Mくんが
いいんじゃないの
わたしはずかしいよMくん
なんでわたしのうた
つくるの Mくん
だって
おれ
まさえのこと
すきだもの
わたしがいいました
Mくんなんでわたしのこと
すきなの
だって
まさえはやさしいもん
          1995.7.12

もっと読んでみたい渡辺雅江 詩集 次 詩集3へ

詩集1 詩集2 詩集3
詩集4 詩集5 詩集6

前ページに戻る